title_history

 

 

沿革 世の中の出来事
1917年 貿易会社であるシュリロトレーディングカンパニーが日本での事業を開始
世界の一級品を輸入、優れた日本製品を多くの外国に輸出
ロシア革命、第一次世界大戦
1952年 サンフランシスコ講和条約発効、日本の独立回復
1953年 同社において、日本初のカラー写真現像所であるシュリロラボを東京五反田に設立
万国博覧会、展示会、ホテル、レストラン、ショッピングエリアの装飾、テレビスタジオや舞台の背景、駅・空港・ビルの壁面広告へと、市場を拡大
国産第1号の「白黒テレビ」発売
日本放送協会(NHK)、日本テレビ本放送開始
1964年 東京オリンピック開催
1970年 日本万国博覧会(大阪万博)で、外国館にある写真掲示物の約70%の製作を手掛ける
大型コマーシャル写真のパイオニアとして実績を残す
日本万国博覧会開催(大阪)
1978年 新東京国際空港(成田国際空港)開港
1985年 国際科学技術博覧会(つくば万博・茨城)開催
1986年 東洋一の設備を誇る超近代的な現像所を埼玉県八潮市に新設
大型広告・展示用写真の需要拡大に対応し、高品質と短期納期を可能にする

大型広告製作ラボ

1989年 幕張メッセ開場
元号が平成に
1996年 東京ビッグサイト開場
1997年 東京国際フォーラム開館
2000年 フォトビション・ジャパン株式会社設立
日本法人フォトビション・ジャパンとして独立、ロバート・ラムが社長に就任、本社とともに最新設備のデジタル出力工場を東京新木場に新設
出力幅5mのソルベントプリンター「Vutek ULTRA Vu5300」と、長さ13mの加工テーブルを持つ自動シーミングマシン「Fosstrom TDF」を導入、大型ビルボード看板の隆盛に対応
2005年 日本国際博覧会(愛知万博、愛・地球博)開催
2007年 出力幅5mのUVプリンター「NUR Expedio 5000 UV」を導入
ソルベントプリンターから環境負荷がより少ないUVプリンターへの転換を推進
2008年 リーマンショック
2011年 本社、工場を現所在地に移転

大型広告製作ラボ

東北地方太平洋沖地震発生(東日本大震災)
2013年 100%ポリエステルマテリアルを使用する2.5m幅大型昇華転写プリントシステム導入
環境問題への積極的な対応を進める
2020年東京オリンピックの開催が決定
2017年 防炎物品「カスタムグラフィックカーテン」の製作を開始
2018年 Tシャツ、トートバッグの製作を開始
アパレル分野を拡大
ファブリックテンションシステムの大型化に対応し「EFI VUTEk FabriVU 340i」を導入、3.2m幅ファブリックの製造を開始

 

page